(白鳥町向小駄良)


藤路の桜 エドヒガン桜 樹齢推定600年超
幹の周り3.6m、高さ約18m、枝の広がり約23m
昭和42年 岐阜県天然記念物に指定
伝承によれば、慶長年間、白山権現の参拝を思い立った剣聖 宮本武蔵は、
北陸道より九頭竜川に沿って油坂峠を越え、この地の民家に逗留し、旅の疲
れを癒した。出発にあたりその足跡を残すべく、一本の山桜を植樹して、逗留
のお礼としたと伝えられることから別名「武蔵桜」ともいわれる。
映画「さくら」の主人公、故佐藤良二さんの”太平洋と日本海を桜でつなごう”
という意志を受け継ぎ、多くのみなさまに桜の植樹を呼びかけようとさくら道
国際ネイチャーランを毎年4月中旬に開催しています。
桜の開花は例年4月20日頃です。



藤路の桜の進入路の看板が新しくなりました。



4月27日午後1時45分撮影 終わりました



地図 MAP

 今日の善勝寺へ

今日の西ヶ洞桜公園へ

藤路の桜 岐阜県郡上市白鳥町向小駄良
アクセス
東海北陸自動車道〜中部縦貫自動車道白鳥西インター出てすぐ
長良川鉄道白鳥駅下車 徒歩約30分 タクシー約10分
お問い合わせ
白鳥観光協会 電話0575−82−5900